飲むタイプと塗るタイプ媚薬はどんな違いがある?

媚薬の種類
媚薬とは、狭い意味では女性に向けて性欲を促進したり、愛液を増加したりことで満足な性行為を得ることを目的として開発されたものですが、広い意味としては、女性用の催淫効果があるものだけでなく、精力をアップさせたり、男性の勃起不全や早漏、また女性のセックスレスや不感症などの性機能障害の治療によく用いられているものとも含まれています。種類というと、主に飲むタイプ、塗るタイプと香水タイプという三つがあります。

飲むタイプと塗るタイプ媚薬の比較
それでは、よく使われている飲むタイプと塗るタイプという二種類の媚薬はどんな違いがありますか?ここで効果、使用場合、また副作用から両方を比較しています。

効果の比較
まず、飲むタイプと塗るタイプ媚薬の効果から見ると、塗るタイプの女性用媚薬は女性の性感帯に直接散布することで摩擦を減らし性交痛を和らげたり、メントールなど刺激性のある成分が性的な刺激を増大させたりする効果があります。飲むタイプの女性用媚薬は水やジュースなどに溶かして飲むことが多いので、媚薬に含まれた成分によって性器への血行が促進したり、性器への血流量を増加したりすることで性欲を向上させる効果に達します。それで、塗るタイプは飲むタイプより即効性がもっと強い、効果もかなり高いと言われています。

使用場合の比較
使用場合について、飲むタイプの媚薬は「まだあまり仲良くないけど、いますぐにやりたい!」、また恋人の一方は恥ずかしくてセックスということをなかなかうまくできない場合、相手の水やお酒に数滴落とすだけで、一気に距離を縮め最短でセックスできます。塗るタイプの媚薬は、性欲低下、愛液の分泌が少ない夫婦の中でよく使われています。

副作用の比較
飲むタイプの媚薬は身体全体に作用し、飲み方や体調によっては、吐き気や腹痛、頭痛など副作用の恐れもあります。塗るタイプの媚薬は外用薬だから、副作用は少ないと認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です